Sステージ アンガーマネージメント講座

5月6日火曜日に、第一印象研究所の杉浦永子先生を講師にお迎えしてアンガーマネージメントに参加しました。今年で3年目になります。S5・6年生はキッズワークブックを用いて怒るときのルール、怒りの対処の仕方を学びました。7年生はカードゲームを用いて、自分と他の人の感じ方の違いを学び、冷静に自分の感情のコントロールする対処の仕方を学びました。

137.jpg

138.jpg

139.jpg

140.jpg

141.jpg

ファーストステージ運動会④

6月26日に南小泉総合グラウンドで行われた、ファーストステージ運動会の様子(④)です。
『やってみよう』(1・2年生表現)
IMG_2172.jpg


『紅白対抗リレー』(各学年代表児童)
IMG_2154.jpg


『閉会式』
IMG_2175.jpg


ファーストステージ運動会①
ファーストステージ運動会②
ファーストステージ運動会③
ファーストステージ運動会④(現在のページ)

ファーストステージ運動会③

6月26日に南小泉総合グラウンドで行われた、ファーストステージ運動会の様子(③)です。
『徒競走』(1年生、3年生)
IMG_2058.jpg


『英智すずめ踊り』(3・4年生)IMG_2152.jpg


『ファミリー綱引き』(PTA競技)
20180601_110753483_iOS.jpg

ファーストステージ運動会①
ファーストステージ運動会②
ファーストステージ運動会③(現在のページ)
ファーストステージ運動会④

ファーストステージ運動会②

6月26日に南小泉総合グラウンドで行われた、ファーストステージ運動会の様子(続き)です。

『入場行進・開会式』
IMG_2163.jpg


『徒競走』(2年生、4年生)
20180601_115348135_iOS.jpg

『ウルスラ夏の陣』(3・4年生競技)20180601_092116635_iOS.jpg

ファーストステージ運動会①
ファーストステージ運動会②(現在のページ)
ファーストステージ運動会③
ファーストステージ運動会④

【Type1コースクラス】5月の様子

5月は暖かい日が続き、Type1の生徒たちも元気に活動に取り組んでいました。

1.生徒総会(5/9)
各クラブの代表としての活動計画の発表や、生徒会会計としての報告などを行いました。

生徒総会

生徒総会2

2.マリア祭(5/10)
5月は聖母月でした。生徒たちは日頃の感謝の気持ちを込めて、マリア祭に参加しました。8年生は当日司祭をしていただいた神父様に、9年生は校長先生に花束を届けました。

マリア祭

マリア祭2

マリア祭3

3.青少年健全育成パレード(5/12)
8年生が南小泉地区の青少年健全育成パレードに参加しました。

パレード

パレード2

4.校外学習(5/23)
今年の校外学習は3rdステージ全体で、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である、楽天生命パーク宮城に行きました。生徒たちは、事前学習から熱心に取り組んでいました。当日は、楽天野球団の方々から「働く」ということについて学びながら、また実際に「お仕事体験」もさせていただき、学びの多い校外学習にすることができたようです。

調べ学習

校外学習

校外学習3

校外学習2

5.授業やクラブ
5月になると、いよいよクラブの活動も活発になってきます。また、生徒たちは新しいクラス・学年にもすっかり慣れてきて、どの授業にも熱心に取り組んでいるようです。

国際クラブ
ある日の国際クラブ

言語の授業
8年生(言語)

理科の授業
9年生(理科)

数学の授業
9年生(数学)

国語の授業
8年生(国語)

ファーストステージ運動会(鼓笛)

5月26日に行われたファーストステージ運動会。
いよいよ5・6年生の鼓笛隊を披露するときがやってきました。

k01
鼓笛隊の入場です。

k02
k03
k04
k05
児童が練習の中で意識したのは、とにかく「指揮者を見る」ことでした。
一人ひとりが真剣に指揮者に注目する姿からは、何度も練習を重ねてきた「熱」を感じます。
演奏も見事なものでした。

k06
k07
ベル、キーボードは、指揮だけでなく手元の鍵盤を確実に演奏しなくてはならないので、より努力が必要でした。
当日も、練習したことを十分に意識しながら、演奏全体を立派に支えました。

k08
k09
k10
主指揮者と副指揮者です。
指揮者たちは、指揮棒・旗を持つ角度や、上げるタイミングなどまで気を付けて練習を重ねてきました。
列を率いる姿は大変頼もしく感じました。

k11
k12
k13
鍵盤ハーモニカ隊は、メロディの中心です。
練習ではばらばらに感じた音も、当日は一つの音にまとまって客席に届きました。
客席から、ファーストステージの児童がメロディに合わせて「勇気100%」「夢をかなえてドラえもん」を口ずさむ声が聞こえていた
ことは、まさにメロディがきれいに響いていたことを示しています。

k14
鼓笛隊は、演奏と集団行動とが合わさって成り立つものです。
今回の取り組みを経た児童が、鼓笛の経験を生かしてさらに力強く成長していくことを期待しています。